usermaのブログ

マーケティング

役員退職給与の税務上の限度額

テーマ:「社長の役員退職給与の税務上の限度額」 特に、今回は「創業者社長の役員退職給与」にスポットを当て、~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 過去の具体的判決等を通じ、その考え方を解説します。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ また、退職する事業年度においての役員報酬を 〇 前期の2.8倍としたことが正当とされた事例~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 〇 前期の1.7倍としたことが正当とされた事例~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ も解説します。 これも含めた内容の「全項目」は下記です。 1、役員退職給与の過大額の考え方 2、創業者(代表ではない取締役)の死亡退職事例 3、創業者社長であることを「肯定的に」捉えた事例 4、創業者社長であることを「否定的に」捉えた事例(その1) 5、創業者社長であることを「否定的に」捉えた事例(その2) 6、功績倍率3.72が採用された事例から学ぶこと 7、TKCデータを採用することの是非 8、創業者(取締役会長)が退職する事業年度において、    役員報酬を増額したことが正当と認められた事例